またの名を咲ブログ

咲-Saki-のお絵かきブログです
亦野誠子ちゃんとマイナーカプをこよなく愛する底辺絵師

8月3日は亦野誠子ちゃんの誕生日です in2015

せいたんイェイ~
またたんイェイ~
せーたんイェイ~






 というわけで今年も亦野誠子ちゃんの誕生をお祝いできる日がやってきました。⇛去年

 去年の記事を見たらメグさんが出陣する前あたりでした。名門、副将、大量リードからの大量失点、みたいに誠子ちゃんの二の舞いにならなきゃいいなと危惧していたのですが、いらぬ心配でしたね。準決勝大量失点からのリベンジフラグを建てるのは一人で充分なんだよマジで。

 おのおの見せ場やネタ要素も満載で、B準決副将戦はほんとうに見てて楽しかったです。Aの方はいま見ても辛いです……。

 

 ……さて、そんなA準決副将戦という苦々しいデビューから二年半以上経って。世間の誠子ちゃんを見る目も、当時の「-59400wwwwwwww」「マタンゴwwwwwwwwwwww」「弱い(確信)」な空気からは脱却してきたとは思います。

 現在では
・「誠子ちゃん好きよー決勝は応援してるよー」なファンの人
・「淡や尭深との絡みが好きだよー」なカップリング重点の人
・「うち回し事態はそんな悪くないね、まあ運も悪いところあったね」な闘牌考察視点から見る人
・「やっぱり亦野は雑魚! ネタ要員!」なまあなんというか、な人


 「どうでもいいわ(レ)」な人も加えて、まあ、だいたいこんな感じに分けられるんじゃないかなーと思います。

 まあ数字だけ見るとネタにされるのはしょうがないとも思いますし、むしろ以前に比べて好意的な意見を表に出してくれる人が実際増えててファンは贅沢な身分だとも思います。
 
 決勝の舞台は、好きな人を更に引きつけて、ネタにしてる人を思い切り見返すような、界隈が盛り上がるような展開になるといいですね。



 ……というか、管理人は決勝で誠子ちゃんが活躍することを根拠なく盲信している節があるので、展開によっては爆ぜて消えるかもしれない。

 ……頼んますよ小林立センセー。


咲日和OADの誠子ちゃん

 いる。

 二秒にも満たないけど……。



m4v_000157907




 ……さすがの自分でもこのワンシーンから話題を広げるのは無理だった……。


 ので……。




sekoo1



 切り取る……。




5b0b95d3-1632-4222-c2c9-dce8ffded93b
   補完する……。



m4v_000f157907



 雑コラ……。


 ……。








このやっちゃった感!!!



単行本14巻の誠子ちゃん

 買ってきました咲-Saki-14巻。OAD付きの方は発売日には届かないということなので、まったり待つつもりだったのですがあることを聞いて買いに行かずにはいられませんでした。

 それはこやつのせい。

 「咲-Saki-登場人物一覧表」です。

 てっきりHPで公開してるデータそのままかと思ったら新たに「メモ」なるちょいとした設定が付随してました。一人ひとりは少しでも全員分あると持ってない人とではちょっとした情報格差が生じるほどです。

 で、全キャラあるということは、当然我らが亦野誠子ちゃんのことにも言及しているわけで。

 ページをめくるまでは「どうせ『釣りが好き』くらいに書かれて終わりだろうなぁ。逆に『実際には釣りはそれほど得意ではない』とか書かれてたらおいしいかもなぁ」とか思ってましたよ。ええ、完全に油断してました。



シングルファザーの影響で釣り好き
 
 ……

 おまえーっ!!!!
 さらーっとなーっ!!!
 重い話をなーっ!!!

 
 ……じっさいどうなんでしょう。死別か、離婚か。どっちもありえそうなもんですが、どちらにしろ、誠子ちゃんからなんか苦労人オーラがにじみ出ているのは。


 ・死別→男手一人で年頃の女の子を育てる→苦労人
 or
 ・元から苦労人→甲斐性がなく妻に愛想を尽かされる→離婚


 ……間違いなく、パパさんの血ですねこりゃ。



 
と、ここまで書いてて思ったこと。


 新道寺と白糸台は寮生活で ~

 
 
実質パパン一人暮らしだこれ!


 忙しい仕事を終えて夜遅く電車に揺られて帰ってきても、真っ暗な家には妻も愛しい娘もおらず。

 一人寂しく発泡酒と惣菜を腹に流しこみながら、携帯の待受けにしてる娘の写真を何度もみちゃうんだ……。

 週に一度、家に帰ってきた娘と釣りを楽しんでちょっと高いご飯食べに行くのが唯一の楽しみなんだ……。

 

 悲しい……悲しいぜパパン!



 
ん?

 白糸台は全員個室で自宅に帰るのも自由です。

 なんだ、これならパパン寂しくない! 寮住まいな以上毎日帰るとかはさすがにないですが、週のうち平日に一日帰るとかはできるかもしれない。

 そもそもシングルファザーで東京の私立通わせてるので、そこそこいい職にはついてるかもしれない。「今日は娘が帰ってくるので早めにあがります」が出来るホワイトかもしれないんだ。

 おうちに帰って着替えたら、そこから自慢の料理の腕を振るうんだ。今日のメインは今が旬のイサキ。焼き上がりを確認してると、長時間の練習を終えてくたくたになった娘が帰ってくる。疲れてるだろうから出来上がりまでゆっくりしてなさい、と声をかけるけど、優しい娘は平気だよと笑ってお皿を並べる手伝いをしてくれる。

 出来がった料理をお皿に盛りつけたら、娘と向い合って、揃っていただきますをする。その後は娘の学校での苦労話や友達話を聞きながら、短いけど、確かに幸せのある団欒の時間を過ごすんだ……


 羨ましい! 羨ましいぜパパン!





 ……何書いてんだ自分。


 まあ何が言いたいかといえば、もっと情報ください。

 自分の頭のなかでは亦野パパはすでに萌えキャラです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ