以下ネタバレにつき閲覧注意























1281



 !?


 来た! ついに誠子ちゃんが本編に来た!


 第56局から足掛け4年半、こんなにかわいくなりおって……。
 この一ページだけで下半期持ちます、ありがとうございます。
 


1283


 対外的には「大星」心の中では「淡」。
 この使い分けは阿知賀編でも軽く出されてましたが、今回の対比によってそれが誠子ちゃんによる意図的なものであることがはっきりと示されました。
 
 虎姫の一員となれたものの、「今でもダメな」立場の「白糸台のナンバー5」が、「宮永照の後継者」とも目される自分よりもずっと強く小生意気な後輩に対して一体どんな感情を抱くのか。愛すべき後輩、しかし其の中にわずかに渦巻くコンプレックス。そーんな複雑な気持ちの発露が、「大星」という一歩引いた呼び名につながってるのかなーなんて妄想してみたり。
 
 でもまー結局すぐにあわあわのこと気にかけちゃうくらいにはだだ甘やかしなんですけどね! いじらしいなーもー。でも淡のベクトルはずっと照に向きっぱなしという現実。



 にしてもこのコマの誠子ちゃん、角度の問題かすごくちんちくりんに見えますね。むしろショタですね。まだあどけなさの残る中1男子的な。しゃぶらせて。



 ちなみに誠子ちゃんが座ってる椅子は



img004


阿知賀編15局で淡が座ってた椅子。背景を見比べよう。
 今回とあわせて、虎姫ルームの間取りが大体は分かりそうですね。









1282


 ん?

 菫 → 照 「照」
    → 淡 「淡」
    → 尭深 「尭深」 new!
    → 誠子ちゃん 「亦野」



 あのさぁ……