またの名を咲ブログ

咲-Saki-のお絵かきブログです
亦野誠子ちゃんとマイナーカプをこよなく愛する底辺絵師

咲-Saki-

単行本14巻の誠子ちゃん

 買ってきました咲-Saki-14巻。OAD付きの方は発売日には届かないということなので、まったり待つつもりだったのですがあることを聞いて買いに行かずにはいられませんでした。

 それはこやつのせい。

 「咲-Saki-登場人物一覧表」です。

 てっきりHPで公開してるデータそのままかと思ったら新たに「メモ」なるちょいとした設定が付随してました。一人ひとりは少しでも全員分あると持ってない人とではちょっとした情報格差が生じるほどです。

 で、全キャラあるということは、当然我らが亦野誠子ちゃんのことにも言及しているわけで。

 ページをめくるまでは「どうせ『釣りが好き』くらいに書かれて終わりだろうなぁ。逆に『実際には釣りはそれほど得意ではない』とか書かれてたらおいしいかもなぁ」とか思ってましたよ。ええ、完全に油断してました。



シングルファザーの影響で釣り好き
 
 ……

 おまえーっ!!!!
 さらーっとなーっ!!!
 重い話をなーっ!!!

 
 ……じっさいどうなんでしょう。死別か、離婚か。どっちもありえそうなもんですが、どちらにしろ、誠子ちゃんからなんか苦労人オーラがにじみ出ているのは。


 ・死別→男手一人で年頃の女の子を育てる→苦労人
 or
 ・元から苦労人→甲斐性がなく妻に愛想を尽かされる→離婚


 ……間違いなく、パパさんの血ですねこりゃ。



 
と、ここまで書いてて思ったこと。


 新道寺と白糸台は寮生活で ~

 
 
実質パパン一人暮らしだこれ!


 忙しい仕事を終えて夜遅く電車に揺られて帰ってきても、真っ暗な家には妻も愛しい娘もおらず。

 一人寂しく発泡酒と惣菜を腹に流しこみながら、携帯の待受けにしてる娘の写真を何度もみちゃうんだ……。

 週に一度、家に帰ってきた娘と釣りを楽しんでちょっと高いご飯食べに行くのが唯一の楽しみなんだ……。

 

 悲しい……悲しいぜパパン!



 
ん?

 白糸台は全員個室で自宅に帰るのも自由です。

 なんだ、これならパパン寂しくない! 寮住まいな以上毎日帰るとかはさすがにないですが、週のうち平日に一日帰るとかはできるかもしれない。

 そもそもシングルファザーで東京の私立通わせてるので、そこそこいい職にはついてるかもしれない。「今日は娘が帰ってくるので早めにあがります」が出来るホワイトかもしれないんだ。

 おうちに帰って着替えたら、そこから自慢の料理の腕を振るうんだ。今日のメインは今が旬のイサキ。焼き上がりを確認してると、長時間の練習を終えてくたくたになった娘が帰ってくる。疲れてるだろうから出来上がりまでゆっくりしてなさい、と声をかけるけど、優しい娘は平気だよと笑ってお皿を並べる手伝いをしてくれる。

 出来がった料理をお皿に盛りつけたら、娘と向い合って、揃っていただきますをする。その後は娘の学校での苦労話や友達話を聞きながら、短いけど、確かに幸せのある団欒の時間を過ごすんだ……


 羨ましい! 羨ましいぜパパン!





 ……何書いてんだ自分。


 まあ何が言いたいかといえば、もっと情報ください。

 自分の頭のなかでは亦野パパはすでに萌えキャラです。

8月3日は亦野誠子ちゃんの誕生日ですよ誕生日!!






pixivのシェア機能が上手くいかなくてわけわかめなので表紙とリンク貼ります。よければ詳しい人教えて下さい。
追記:貼れました。



 というわけで、本日8月3日は白糸台副将亦野誠子ちゃんの誕生日でありすなわち誠誕祭なのであります。おめでとうございます。


 めでたいので本日はケーキ代わりにちょっといいたい焼きを買って祝おうと思います。誠子ちゃんはカスタード推進派のてるあわコンビと小倉原理主義のすみたかコンビの板挟みになってそうですね。


 ところでこの8月3日ですが、翌日8月4日は咲-Saki-世界ではインターハイの開催日です。これは歳を重ね一皮むけた亦野誠子という女の打ちざまを日本中にしらしめるのだという小林神からの強い啓示を感じますね。実際には今のところ知らしめるというよりただの晒しもゲフンゲフン


 まあ決勝では誠子ちゃんの華麗な(むしろ泥臭い?)活躍によって準決勝の汚名が雪がれることは確定的に明らかであり疑いの余地なしなので、それまでファンは気長にまてばいいのです。むしろメグさんがこの後第二の誠子ちゃんにならないことを祈っています。
 
 
 誠子ちゃんへのプレゼントだったら釣具だろうと釣りショップに向かったはいいものの竿の値段に愕然としたり小道具が何に使うのかさっぱりわからなくて結局何も買えなくて苦し紛れによくわかんないものをプレゼントする虎姫メンバーを妄想しつつ、本日はこれまで。





咲-Saki-128局 局地的感想

以下ネタバレにつき閲覧注意























1281



 !?


 来た! ついに誠子ちゃんが本編に来た!


 第56局から足掛け4年半、こんなにかわいくなりおって……。
 この一ページだけで下半期持ちます、ありがとうございます。
 


1283


 対外的には「大星」心の中では「淡」。
 この使い分けは阿知賀編でも軽く出されてましたが、今回の対比によってそれが誠子ちゃんによる意図的なものであることがはっきりと示されました。
 
 虎姫の一員となれたものの、「今でもダメな」立場の「白糸台のナンバー5」が、「宮永照の後継者」とも目される自分よりもずっと強く小生意気な後輩に対して一体どんな感情を抱くのか。愛すべき後輩、しかし其の中にわずかに渦巻くコンプレックス。そーんな複雑な気持ちの発露が、「大星」という一歩引いた呼び名につながってるのかなーなんて妄想してみたり。
 
 でもまー結局すぐにあわあわのこと気にかけちゃうくらいにはだだ甘やかしなんですけどね! いじらしいなーもー。でも淡のベクトルはずっと照に向きっぱなしという現実。



 にしてもこのコマの誠子ちゃん、角度の問題かすごくちんちくりんに見えますね。むしろショタですね。まだあどけなさの残る中1男子的な。しゃぶらせて。



 ちなみに誠子ちゃんが座ってる椅子は



img004


阿知賀編15局で淡が座ってた椅子。背景を見比べよう。
 今回とあわせて、虎姫ルームの間取りが大体は分かりそうですね。









1282


 ん?

 菫 → 照 「照」
    → 淡 「淡」
    → 尭深 「尭深」 new!
    → 誠子ちゃん 「亦野」



 あのさぁ……

【落書き】拘束衣を着せたい咲キャラ

拘束衣っていいよね。あのひたすらに白いところとか最高にかっこいい。

なわけで早速進めていきましょう拘束衣を着せたい咲キャラ。拘束衣のデザインがゴテゴテなのはイラスト的な愛嬌ということで。


1、宮永 照

kousokui1

 最初に言っておくと別に咲キャラを縛りたいとかそういう欲求じゃないので。単に拘束衣の中二的な感じがすきってだけっす。

 そもそも拘束衣は、束縛され自由を奪われているというのにそこからの惨めさを感じさせません。むしろ、そこまでしなければ彼の者を止めておくことはできないのだという強大さを強く想起させるのです(まあこの辺りは多分にフィクションからのイメージなのでしょうが)。

 つーわけでまだまだ底が知れないチャンピオンをがっつり拘束させてもらいました。でも腕のギュルギュルを使えば簡単にやぶきそうだなあこの人。



2,宮永 咲


kousokui2

 清澄高校宮永、器物破損(モノクル)により逮捕、勾留。

 それは別にしても、魔王バージョンの咲さんに獄中で拘束されたまま一局打ってもらいたいなあ。腕は使えないから代理人と通信して牌は打ってもらうんだけど、その状況ですら余裕で嶺上開花決めてきそう。


3,みなもちゃん(仮)


kousokui3

 縛りたいとかそういう癖じゃないのですが、みなもちゃんに関しては縛られてるのがとっても似合いそうだなあと思いました。

 というかみなもちゃんはだいたいどんな拷問でも似合いそうだなあと思いました。まる。



 よくよく見直したら全員宮永の血族(一部不確定)だった。コレが宮永への無意識の畏れなのか。

 おしまい。




 咲と全く関係ないのですが阿部共実さんの「ちーちゃんはちょっと足りない」面白かったです。ああいうセリフ回しが書けるようになりたい。

咲日和「白糸台の巻②」 今日も虎姫はほのぼのです

※以下本編のネタバレを含みますので未読の方はご注意を
























今月の咲日和、実に一年半ぶりの「白糸台高校の巻」!

そんな前だったんですね―、前回。このブログ始まってないじゃん。


本編はあわあわがイメチェン……もとい前髪を失敗して強制デコ状態になるお話。


img026


なんでしょうねこのどうしようもなく可愛らしい娘っ子は。「倍満くらいくれてやる」発言すら霞んでしまいそうな白糸台高校の末っ子っぷりを発揮してます。あわあわは他人への態度は必要以上に悪いけど身内認定した人間にはデレッデレな印象があるんですがどうでしょ。


そのほかにも
・本編で一切崩れないポーカーフェイスを前回に引き続きあっさりと崩す照
・後頭部芸に磨きをかけつつボケ指数が徐々に増えていく弘世様
・貴重な癒やし要因たかみー
等々日本最強のポンコツチームと呼んで差し支えない虎姫の日常。

殺伐控室とは一体何だったのか。アニメ一期後半におけるオリジナル要素の信憑性が薄いのはだいたいこいつらのせい。



本編
今月の誠子ちゃん(次回の登場は未定)


img025

曰く容赦の無い後輩をしっかり気づかえる先輩の鑑。だからといって照みたいなファインプレーもできずにキョドった返ししかできなさそうなあたり誠子ちゃん情けないかわいい。


img024

オチ担当誠子ちゃん。淡の入部半年ですでにいじられ慣れてるオーラ出しまくりなあたり相当だと思う。




一ヶ月の間に二度も誠子ちゃん成分が補給できて非常に幸せな月だと思いました(こなみ)





以下落書き


awai3


はたしてお疲れサマーはお疲れ様サマの影響をうけたのか
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ